トイレのリフォームで使いやすさUP!トイレリフォームRANKING

HOME > トイレリフォームについて > 高齢者に快適に過ごしてもらう為のトイレリフォーム

高齢者に快適に過ごしてもらう為のトイレリフォーム

日本家屋には、和式のトイレが多く、高齢者の人にもトイレといったら和式が主流です。
しかし、年齢によっては、膝を痛める人も多く、和式のトイレを利用するのは、身体に負担がかかります。
西洋文化では、トイレは座ってする洋式トイレです。
これが、日本の公共のトイレにも導入されて、自宅などでも洋式トイレが使われることが多くなりました。
特に、日本のウォシュレットは、海外でも高い評価を得ており、日本でも愛用している人は多くいます。
ウォシュレットを使用するのには、水洗の洋式トイレを設置しなくてはいけません。
そこで、自宅のトイレリフォームをする際には、洋式トイレを採用する人が増えています。
また、高齢者がいる家庭では、廊下に手すりをつけたり、段差をなくしていくリフォームも、一緒に行われています。
手すりは、風呂場や玄関などにも設置されることもあります。



トイレリフォームの必要性を知っておこう

トイレは誰もが利用する場所ですし、一日に何度も利用する場所でもあります。
そのため快適に利用していきたいというのなら、トイレリフォームを考えていかれるといいかもしれません。
リフォームで行えることとしては、バリアフリーを考えて手すりを付けたり、便座を温める機能をつけるなど、年齢や季節に合わせて様々な対策が行えます。
便座に座ることも多いですし、立ち上がる際にバランスを崩してしまう可能性も考えられますので、高齢な方であったり、体調に自信がないという方であれば、トイレリフォームを考えていかれるといいのではないでしょうか。
依頼はホームページで直接行えますし、見積もりやリフォーム情報を調べていくこともできますので、もしも今現在のトイレでは不安を感じているというのなら、積極的に利用していかれるといいのではないでしょうか。



トイレリフォーム費用に関する相場

現在において、トイレリフォーム費用の相場に関して知っておくべきことは、ここ数年において、便器やタンク、便座の機能や性能、デザイン性については大きく進化しており、最安値に関してもすばらしい機器が手に入るということになります。
そして、メーカー希望小売価格に関しては10万円前後、あるいは、キャンペーン価格や量販店の格安価格については4万円以下ぐらいの最安値モデルであっても、掃除がしやすいフチなしトイレでは、5リットル以下の洗浄能力による節水型トイレが主流となっています。
つまり、最低限の機能によってリフォーム費用についてとことん抑えたいケースとは別として、30万円以上かけて高機能やスタイリッシュであるトイレへのリフォームの需要についても増えています。
また、タンクレストイレの機器代金だけの場合は最安値が20万円ぐらいです。
しかし、ネオレストやサティスなどの売れ筋に関しては30万円台となっています。
つまり、手洗いを別途設置していくか、システムトイレにしていく必要があるため、便器の機器代金だけではなく、その分については追加にて発生します。

次の記事へ

ページトップへ